【Q&A】ビットコインが消えた?マウントゴックス事件って結局なんだったの?

今回は、2014年2月に世間を騒がせ、
多くの人がビットコインを知るきっかけとなったマウントゴックス事件についてお話しします。

大事なお話をしていますので、
ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

 

今あなたが、
家族や仲の良い友達、会社の同僚との会話の中で、
「仮想通貨」を話題に出したら、

おそらく、
怪訝な表情をされるでしょう。


「仮想通貨?なんか怪しいなあ」
「ビットコインってあの変なやつ?」

とでも言いたげな表情をされると思います。


実は友達や同僚が
無意識にこのような態度をとってしまうのは、

仮想通貨に関する
「正しい情報不足」からくる、
認識のズレがあるからなんですね。


そもそも、

なぜ仮想通貨は世間的に
あまり良い印象を持たれていないのか?

というと、
その原因となったのが、
2014年2月のマウントゴックス事件なんです。


あの時、
テレビ、新聞、報道各紙は、事件の詳細については語らず、

「マウントゴックス破綻!」
「仮想通貨ビットコインが114億円分損失!」

などと、
人目につくような言葉を繰り返し繰り返し強調して報道しました。


その結果、未だに多くの人々が、
マウントゴックス事件の真相についてはよく理解しないまま、
「ビットコイン=消える可能性があるよく分からない危険なもの」と認識しているわけです。


ですが、ビットコインの仕組み、
ブロックチェーンについて正しく理解すると、
「ビットコイン=消える」という考え方自体が誤りであると気がつくことができます。


この部分について、
詳しく説明していきましょう。


大前提として、まずビットコインは、
ブロックチェーン技術により取引データを分散管理されている暗号通貨です。

ビットコインは
ブロックチェーン技術で取引データが管理されているため、消すことができません。


ここで簡単に
ブロックチェーンについて説明すると、

ブロックチェーンとは
世界中のパソコンで分散管理し、
変更不可能な方法でデータを保持するネットワークシステムのことです。


分散管理するとは、
世界中のパソコンで同じデータを管理していて
そのデータをお互いに相互補完しあっているということです。

また、変更不可能な方法とは、
データを追加することしかできないということ。
過去に追加したデータを消したり変えたりすることができないということです。


ですので、
ビットコインを消そうと思ったら、
ビットコインのデータを分散管理している
世界中のパソコンを全て消滅させる必要があります。

ですが、
そんなことは到底不可能です。


だからこそ、
ブロックチェーン技術に支えられたビットコインは消えることがないのです。


そして、ビットコインという暗号通貨を保有してる人は、
この安全性の強固な決済システムを信頼してるからこそビットコインを保有しており、
このシステムに価値があると世界中の人が認めているからこそ、
今でも1ビットコイン=5万円のような価値がついているのです。


では、そうであるにもかかわらず、
なぜテレビや新聞では「ビットコインが消えた」との報道がなされたのでしょうか?


この疑問を解決する前にまず、
マウントゴックス事件の大枠について説明しましょう。

このマウントゴックス事件を理解するために、
知っておいていただきたいことはただ1つ。

マウントゴックスは
ビットコインの取引所の1つに過ぎないということです。


取引所というのは、
銀行のようなものです。

マウントゴックス破綻のニュースは、
銀行破綻のニュースと似ています。


例えば、
ある銀行が破綻したとしましょう。

そのときに被害を被るのは
主にその銀行にお金を預けていた人だけです。


銀行が破綻した際、
その破綻した銀行にお金を預けていた人は、
預けていたお金がなくなる=消える可能性があります。


ですが、
一方でそのほかの銀行に預けているお金や、
市場に流通しているお金は、
その事件とは何ら関係なく存在し続けます。


今回のマウントゴックス事件もそれと同じなんですね。


マウントゴックスが破綻して消えたと言われてるビットコインは、
マウントゴックスという取引所に預けていたビットコインだけなんです。

テレビや新聞では、
ここの部分を省いて報道したんですね。


(マウントゴックスという取引所に預けられていた)
「ビットコインが消えた!」

と、カッコ内を省いて大々的に報道したのです。


だからこそ、マウントゴックス事件のニュースを見た多くの人は、
ビットコイン=消える可能性がある怪しいもの
と勘違いしてしまったわけです。

ようするに、
「説明不足」なんです。


こういったミスリードがあり、
世間では未だに、

仮想通貨は怪しい
ビットコインは消える

などと、そう思われているわけです。


まとめると、
ーーーーーー
マウントゴックス事件でなされた報道は、
誤解を生むような報道であった。

そもそもビットコインは
ブロックチェーン技術で分散管理されているため、
消えることがない。

マウントゴックス事件で消えたのは、
取引所に預けていたビットコインだけで、
そのほかのビットコインは事件とは関係なく存在し続けている。
ーーーーー

とそういうことです。


テレビや新聞が報道してるからといって、
無条件でその全てが正しいわけではない。

何事も、正しい知識、
正しい情報を得ることが大事である、
ということをご理解いただければと思います。


以上で、
マウントゴックス事件についての説明を終わります。


他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk