【Q&A】仮想通貨のシステムはどんな仕組みになってるの?

仮想通貨のシステムについて、
解説していきます。


まず、
仮想通貨というのは全てインターネットの話です。

デジタルの話。

デジタルの話なので、
インターネット上に存在しています。


インターネット上に存在しているものというのは、
世の中にないバーチャルなものではなくて、デジタルなものです。

バーチャルなものはこの世に存在しませんが、
デジタルなものは最終的にはデータがどこかに溜まります。


このデータが溜まる場所をサーバーと言いますが、
このサーバーというものを世界のどこかに置くわけです。

今はこのサーバーをクラウドといって、
世界中のいろんな場所に分散して置くということが流行っています。


そして、仮想通貨においては、
そのサーバーにマイクロソフトアジュールを使っているのが多いんです。

それはなぜかというと、
世界第2位の時価総額を持つ仮想通貨イーサリアムが、
マイクロソフトと提携したからなんですね。


イーサリアムはマイクロソフトと提携しまして、
マイクロソフトのアジュールというサーバーを使ってやっています。


例えるなら、このアジュールというサーバーは、
iPhoneの本体、機械そのものです。

機械そのものがないと、
さすがにiPhoneも動きません。

デジタルでいろんなものとインターネットでつながれていても、
動作することがないんです。


ですので、そういった、
仮想通貨のそもそもの土台の部分を担っているもの。

それが
マイクロソフトアジュールだと思ってください。

そして、その上に乗っかっているもの、
それをBaaSと言います。

Block Chain as a Servicesといいますが、
この辺りは気にしなくて結構です。

ようするに、
これがブロックチェーンです。

アジュールというサーバーの上で、
ブロックチェーンが動作していると考えてください。


これは、
パソコンでいうOSの話です。

iPhoneの機械の中(マイクロソフトアジュール)で、
どういう仕組み(ブロックチェーン)が動きますか、という状態。


例えば、
買ったばかりのiPhoneをイメージしてください。

買ったばかりのiPhoneは、
電源をつけると動きます。

これは、
OSと呼ばれるものが動作している状態です。

この動作しているものが、
仮想通貨イーサリアムでいうとイーサリアムバース(Etherium BaaS)、
Block Chain as a Servicesだということです。


そして、
買ったばかりのiPhoneは、
動作はしても、実用的には使いにくい状況です。

なぜならアプリが入っていないからです。


今お使いのiPhone、スマートフォンには
いろんなものが入っていると思います。

最初から入っているアプリは
電話とメールですね。


例えば、そういったものから、
フェイスブックを入れましょう。
LINEを入れましょう。
ほかのものを入れましょうということになってきます。


これらiPhoneでいうアプリが、
仮想通貨でいう1つ1つのプロジェクト
Augur(Reputation) やBitpropertyなどになっているわけです。


少し難しかったかもしれませんが、
以上が仮想通貨の仕組みの大枠になります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

1 コメント

  • 0
    Avatar
    中舎是晴

    話の要素が多くて、要素の理解不十分な上に、要素の組み合わせがごちゃごちゃで、何が何かさっぱり分からないです。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk